フタワソニック(超音波)の効果

フタワソニックは超音波治療器です。

世界で最初に開発され、厚生労働省に認可された視力回復超音波治療器です。長い歴史と実績のある眼科用超音波治療器です。超音波美顔器が眼科用の医療機器に進化・・・。
50年前、超音波技術の専門会社で研究・開発し製造・販売していた小型の超音波美顔器を
著名な眼科医と工学博士らの研究グループが参加し
世界初の手持ち式眼科用医療機器、「超音波治療器」を完成させました。

昭和37年(1962年)開発以来、50万台(累計)以上の販売実績があり視力アップ体操や視生活(6S)の改善との併用により視力回復・改善・予防等に好評をいただいております。
眼にやさしい微弱な縦波の超音波なので、開発以来副作用等の報告は1件もなくご家族の皆さんで安心してご使用いただくことが出来ます。

一家に一台フタワソニックを!

新型「フタワソニック」は、厚生省と労働省が統合され平成18年の薬事法改正後の新規格にて許認可を取得した最新型の機種で専用のACアダプター仕様(2電源方式)です。
眼に有効とされる12KHzの縦波の微弱な超音波を安定して発振できます。(同調共振相激作用)

将来的に電子書籍・パソコン・3Dテレビ等が普及し、ブルーライト問題が増加すると「眼の癒しアイテム」として益々話題が集中します。
市場は増加中(視覚障害者164万人・失明者30万人・何らかの介護が必要な方92万人・メガネ人口7,000万人・コンタクト人口2,000万人)。
眼を酷使する時間が増えると、疲れ目・肩こり・偏頭痛その他、新たな「視生活習慣病」として定着することが心配です。

8020運動の功績により、虫歯予防に「歯磨き習慣」は日常生活に定着しましたが、
視力に対するメガネ、コンタクトレンズ、レーシック等の矯正療法にプラスした医療機器の3本柱「メガネ派・コンタクト派・超音波派」の早期確立を目標にしています。

一家・一課に1台「家庭用視力の救急箱」の時代は、カウントダウン目前の状態です・・・

【使用目的、効能又は効果】

偽近視の抑制又は緩解

【原理】

電源にDC6Vを使用し、加工した接合型トランジスターとハートレー回路を形成し、これに磁歪振動子数葉を組み合わせて、振動周波数を6KHzとし、ハートレー回路・発振周波数12KHzとの結合により、第二高調波を得て、これを有効刺激波とするもので、音響出力は、導子先端部において100mW/c㎡を目標としている。

【仕様】
  • 電源電圧   6VDC(単三乾電池×4本又は専用ACアダプター)
  • 消費電流   100mA ±10%
  • 発振周波数  基本波6KHz、有効出力第二高調波12KHz
  • 音響出力   100mW/c㎡±10%
  • 基本機能   超音波治療10分(自動停止機能付き/発振開始5分後に間欠音)
            専用ACアダプターによる安定出力
  • 消費電流   100mA ±10%
  • 製品構成   本器1台、ACアダプター1個、化粧袋1枚、取扱説明書(保証書付き)1部
  • 製品保証   メーカー1年
  • 製造元     株式会社ラビ 日理機工会員 (日本理学療法機器工業会)
【医療機器認定番号】21900BZX00932000